トラック事故

首都高で7台が衝突・炎上 3人死亡 事故起こした運転手 供述は

Twitterのフォローお願いします!

おすすめ記事

概要欄

14日朝、埼玉・戸田市を走る首都高速・美女木JCT付近で、車7台が衝突・炎上する事故が発生。
3人が死亡した。

事故直後に撮影された映像には、真っ赤な炎を上げて燃えるトラックと乗用車が映っていた。

炎上したトラックの荷台は黒焦げとなり、天井も崩れてしまっているのがわかる。

撮影した人が走っていたのは、事故を起こしたとみられるトラックから、わずか4、5台後ろだった。

事故車両の後ろを走っていた人「完全に火の海。レスキューも全て人の救助よりも、火を消すことを必死にやっていた」

事故を起こしたとみられるトラックから、わずか4、5台後ろを走っていた人は、車から降りて救助をしようとしたというが...。

事故車両の後ろを走っていた人「本当は足持って引っ張り出そうと思ったら、もう一回爆発した。火の粉が飛んでくる状態で、後ろに下がった」

現場から離れたところからでも、はっきりわかるほど高く煙が上がっていた。

付近で働いていた人「すごい音が4回ぐらい連続で鳴った『ドンドンドンドン』と...。
爆発音がしたら、真っ黒い煙が『ドーン』となってきた」

なぜ事故は起きたのか。

多重事故の現場は、美女木JCTの近く。
分岐ポイントのすぐ手前だった。

警視庁によると、まず一番後ろを走っていたトラックが、渋滞の列に突っ込み、その後、6台が次々とぶつかったとみられる。

警視庁は、追突したトラック運転手の降旗紗京容疑者(28)を過失運転致傷の現行犯で逮捕。

事故を起こした当時の状況について、調べに対し、「ぶつかった時に意識はありませんでした」と説明している。

警視庁は、過労がなかったかなど、危険運転致死傷の容疑も視野に入れて、降籏容疑者の会社も調べる方針。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

おすすめ記事

-トラック事故