車事故

車内に響いた「ドンッ!」暴走車がタクシーに当て逃げ…「急に車間詰めてきた」飲酒“あおり運転”か 47歳男逮捕

Twitterのフォローお願いします!

おすすめ記事

概要欄

酒を飲んであおり運転をしたうえ、当て逃げ事故を起こした男が逮捕された。
恐怖の瞬間を被害者が語った。

危険なあおり運転による当て逃げ事故は、2022年11月、岐阜市内で起きた。

午後11時半ごろ、乗客を乗せて走りだすタクシー。

その直後、後ろを映すドライブレコーダーの映像には、タクシーに向かって勢いよく距離を詰める車の姿が。

抜かしたいのか、蛇行運転をし、今にもぶつかりそうな距離。

前が赤信号のため止まっても、無視して進めと言わんばかりに、後ろの車はクラクションを鳴らす。

信号が青に変わると、後ろの車は一気に加速して左車線に移動。

すると、次の瞬間、ドンッという響きとともに揺れる車内。

車は幅寄せしながらタクシーにぶつかってきた。

その場で止まるかと思いきや、車はスピードを落とすことなく、立ち去っていった。

被害にあった運転手「だいぶ離れていたが、急にブーンと車間を詰めてきた。怖い。車間を詰めていたときの顔とか、いろいろ浮かんでしまって」

タクシーの運転手の女性は、首を痛め軽傷。

タクシーの左側には、ぶつけられた跡が残っていた。

そして、事故からおよそ2カ月半がたった24日、新たな動きが。

警察は、岐阜市に住む税理士事務所の会社員・川崎貴清容疑者(47)を危険運転致傷などの疑いで逮捕した。

川崎容疑者は当時、酒を飲んだ状態で運転していたということだが、調べに対し、容疑を否認しているという。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

おすすめ記事

-車事故