自転車事故

群馬県立渋川高校の生徒会長が一日警察署長に就任 駅前で自転車の交通安全を呼びかけ(23/05/16)

Twitterのフォローお願いします!

おすすめ記事

概要欄

自転車の交通事故防止を図ろうと、群馬県立渋川高校の生徒会長が一日警察署長に就任し、駅前で交通安全を呼びかけました。

渋川警察署の一日警察署長に就任したのは、渋川高校の3年生で、生徒会長の矢島弦三さんです。渋川警察署の阿部賢哉署長から委嘱状が手渡されました。そして早速街頭指導です。渋川市の職員やボランティア団体それに渋川高校の生徒など合わせておよそ30人が参加して、渋川駅前で自転車の交通安全を呼びかけるクリアファイルなどの啓発品を配りました。

県内の高校生の通学時の1万人あたりの自転車事故件数は2014年から8年連続して全国でワースト1位で、矢島さんや参加者は、自転車の正しい交通マナーを呼びかけていました。

おすすめ記事

-自転車事故