船事故

死亡した船長から「アルコール」検出 パイロットボートが防波堤に衝突し5人死傷(2022年9月17日)

Twitterのフォローお願いします!

おすすめ記事

概要欄

9月4日、神戸港沖の防波堤に船が衝突し5人が死傷した事故で、死亡した船長の体内からアルコールが検出されていたことがわかりました。

 4日未明、神戸港の沖合にある防波堤に、大型船に水先案内人を送り届けるパイロットボートが衝突しました。この事故で、船長(52)と水先案内人(71)の2人が死亡したほか3人がけがをしました。

 ボートの運航会社によりますと、神戸海上保安部の司法解剖の結果、死亡した船長の体内からアルコールが検出されたということです。この会社では船員が出勤時にアルコール検査を行うことになっていましたが、結果を後日報告する仕組みだったため今回把握できていなかったということです。

 会社は今後、神戸地区のパイロットボートの運航を自粛するとしています。

▼MBS NEWS HP
https://www.mbs.jp/news/

▼最新ニュースや特集を毎日配信 チャンネル登録お願いします!
https://www.youtube.com/c/MBSnewsCH?sub_confirmation=1

#MBSニュース #毎日放送 #事故 #パイロットボート #アルコール #神戸 #防波堤 #神戸海上保安部

おすすめ記事

-船事故