トラック事故

家族で遊びに行った帰りに… 2歳児と父親ら死亡 GW最終日の国道で何が【スーパーJチャンネル】(2024年5月7日)

Twitterのフォローお願いします!

おすすめ記事

概要欄

 2歳の男の子と父親と祖父が亡くなりました。家族で遊びに行った帰り道だったということです。

 ゴールデンウィーク最終日の6日、群馬県伊勢崎市の国道で発生した2歳の男の子を含む3人が死亡した事故。

消防隊員
「まだ中にいる。運転手、運転手、中にいる」

 事故直後に撮影された救助の様子です。亡くなったのは、塚越寛人さん(26)と2歳の息子・湊斗君、寛人さんの父親の正宏さん(53)です。

 白いワンボックスカーに乗っていた家族で、3人は埼玉県内のレジャー施設に遊びに行った帰りだったことが分かりました。

 事故が起きた場所は交差点のすぐ近くで、見通しの良い直線道路。2車線ずつある上り車線と下り車線の間には、2メートル近い幅で高さ20センチほどの中央分離帯が設置されています。

 6日午後4時半ごろ、上り車線を走行していたトラックが中央分離帯に乗り上げた後、下り車線に突っ込み、ワンボックスカーと衝突。その後の詳しい動きは分かっていませんが、2台が停止している様子から、衝突した後もトラックはワンボックスカーを歩道のガードレールまで押し込んだとみられています。

事故直後からいる人
「最初にトラックの運転手が担架で運ばれてドクターヘリで運ばれてって」
「(Q.トラックの運転手も自力では立てない?)全然。血だらけだったから」

 トラックの男性運転手(69)は重傷です。警察が事故の原因を調べています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

おすすめ記事

-トラック事故