トラック事故

圏央道でトラックの積み荷散乱 車線をふさぎ約4時間半通行止め(2024年5月13日)

Twitterのフォローお願いします!

おすすめ記事

概要欄

 埼玉県の圏央道外回りの狭山日高インターチェンジ付近でトラックの積み荷が散乱し、約4時間半にわたって通行止めになりました。

 段ボールのようなものが片側2車線の道路をふさぐような形で散らばっています。

 13日午前5時ごろ、圏央道狭山日高インターチェンジと圏央鶴ケ島インターチェンジの間の外回りで「トラックが荷崩れを起こして路肩に止まっている」と110番通報がありました。

 警察によりますと、走行中のトラックの荷台から積み荷が落ちたものの、他の車の巻き込みなどはなかったということです。

 トラックの運転手にけがはありませんでした。

 この影響で圏央道の外回りは一時、通行止めになり、その後、午前9時半ごろに解除されましたが、約13キロの渋滞が発生しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

おすすめ記事

-トラック事故