トラック事故

事故直前トラックは時速約90キロで走行か 法定速度超過 群馬・伊勢崎市 男児(2)含む3人死亡事故|TBS NEWS DIG

Twitterのフォローお願いします!

おすすめ記事

概要欄

群馬県伊勢崎市の国道でワンボックスカーとトラックが正面衝突し、2歳の男の子ら3人が死亡した事故で、トラックが事故の直前に時速およそ90キロで走っていたとみられることが分かりました。

この事故は今月6日、伊勢崎市で、トラックが中央分離帯を越え、対向車線のワンボックスカーに正面衝突し、ワンボックスカーに乗っていた塚越湊斗ちゃん(2)とその父親、祖父の3人が死亡したものです。

この事故の直前、トラックは法定速度を超える時速およそ90キロで走っていたとみられることが、運転手が勤める運送会社への取材で分かりました。

トラックに搭載された記録装置に記録が残っていたということです。

また、ドライブレコーダーの映像には、運転手がハンドル操作をしづらくなる様子が写っていて、運送会社は「轍にハンドルをとられたのではないか」としています。

警察は事故の原因を詳しく調べています。

▼TBS NEWS DIG 公式サイト https://newsdig.tbs.co.jp/

▼チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1

▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」
https://www.tbs.co.jp/news_sp/tbs-insiders.html

▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」
https://www.tbs.co.jp/news_sp/toukou.html

#ニュース #news #TBS #newsdig

おすすめ記事

-トラック事故