自転車事故

ごみ収集車にひかれ女児死亡…自転車で横断歩道を渡り切る直前か 運転手は業務中に多重事故の過去 静岡

Twitterのフォローお願いします!

おすすめ記事

概要欄

5月13日、浜松市で小学4年生の女の子がごみ収集車にひかれて死亡ました。当時、女の子は自転車で横断歩道を渡っていて、ごみ収集車はブレーキを踏まずに女の子をひいたとみられることがわかりました。

13日午後3時20分頃、浜松市浜名区新原でごみ収集車が女の子をひく事故があり、小学4年生の女の子が死亡しました。

警察はごみ収集車を運転していた男(60)をその場で逮捕しています。

落合健悟 記者:
事故から一夜明け、現場付近には近隣住民からの花が手向けられています

警察の調べに対し、男は「ぶつかってから気づいた」と話しているということです。

また、車のドライブレコーダーなどから女の子は自転車で横断歩道を渡っていて、渡り切る直前にごみ収集車にひかれ、車は事故が起きるまでブレーキは踏んでいなかったとみられています。

事故を受け、男の勤務先の会社が報道陣の取材に応じ、朝のアルコールや健康チェックで問題はなかったということです。

一方で、男は過去にも業務中に事故を起こしており、安全運転の講習を受け復帰していました。

会社側は「取り返しのつかないことをしてしまった。ご遺族に誠心誠意対応したい」と謝罪しています。

#静岡県浜松市
#小学生
#事故
#死亡
#死亡事故
#交通事故

おすすめ記事

-自転車事故