車事故

【20代6人乗り車が大破】高速道路脇の山林に突っ込む 2人死亡4人重傷【山陽自動車道】

Twitterのフォローお願いします!

おすすめ記事

概要欄

11日午後、兵庫県赤穂市の山陽自動車道で、6人乗りの乗用車がガードロープを乗り越えて道路脇の山林に突っこみ、2人が死亡しました。
 11日午後3時半ごろ、兵庫県赤穂市大津の山陽自動車道上り線で、20代の男女6人が乗った乗用車がガードロープに衝突。さらにガードロープを乗り越えて道路脇の山林に突っ込みました。
 この事故で助手席に乗っていた京都市の地方公務員・古田薫さん(23)と、2列目に座っていた大阪府枚方市の山村千花さん(23)が頭などを強く打ち死亡しました。他の4人も骨折などの重傷です。
 6人は大学時代の知り合いで、四国方面に行った帰りだったとみられます。この付近では、7月にも車7台が絡む死亡事故が発生していて、警察が事故の原因を調べています。

おすすめ記事

-車事故