バイク事故

【注目ニュース】【当時の映像】マラソンの大会車両で選手をはね骨折の重傷を負わせた疑い 男性を書類送検 選手は完走

Twitterのフォローお願いします!

おすすめ記事

概要欄

2023年12月、福岡国際マラソンの選手が大会車両にはねられ重傷を負った事故で、警察は運転していた男性を過失運転致傷の疑いで書類送検しました。

この動画の記事を読む>
https://news.ntv.co.jp/n/fbs/category/society/fs71825b5e214c439e9700fd886977690f

これは事故当時の映像です。過失運転致傷の疑いで書類送検されたのは、福岡市中央区に住む57歳のタクシー運転手の男性です。

警察によりますと、男性は2023年12月に行われた福岡国際マラソンで、大会から委託され違反などを確認する「監察車」を運転していたところ、福岡市東区の折り返し地点で男性の選手(35)をはね、ケガをさせた疑いです。

「不注意で事故を起こした」と容疑を認めているということです。

はねられた選手は右ひじ骨折など全治3か月の重傷を負いましたが、その後もおよそ10キロ走り続け完走しました。

大会事務局はFBSの取材に対し「選手の安全第一に再発防止に努めたい」としています。

最新のニュースは https://news.ntv.co.jp/n/fbs をご覧ください。
X FBS福岡放送ニュース(@FBS_NEWS5)でも発信中。
https://twitter.com/FBS_NEWS5

おすすめ記事

-バイク事故