トラック事故

【危険】軽トラック荷台に4人の男 スマホ触りながら“喫煙” 荷台の縁に立つ様子に「絶対落ちるだろ」

Twitterのフォローお願いします!

おすすめ記事

概要欄

荷台に4人の人物を乗せて走行する軽トラック。
目の前で繰り広げられた危険運転の瞬間を、後ろを走っていたドライバーが語った。

阪神高速道路の高架下にある、片側4車線の道路を走っていた時のことだった。赤信号で停車したところ、前の軽トラックの荷台に、4人の男が乗っていた。

後ろを走っていた人「危ないし、乗ってる感じ慣れてると思った。これはダメだろうと思った」

荷台に座る黒いシャツを着た男は、スマートフォンを触りながら、たばこを吸っている。

荷台に大きな太鼓を載せているため、残りの3人は“あおり”と呼ばれる囲いの部分に立っていて、非常に危険な状態。

信号が青に変わり、右折しようとする軽トラック。
白いTシャツの男は左手を大きく振り、あおるようなしぐさを見せていた。

危険な運転が目撃されたのは、南海電鉄岸和田駅から1.3kmほどの場所。
高速道路の出入り口があるため、普段から交通量の多い幹線道路。

軽トラックの後ろを走行していた男性は、当時の状況を「すごい勢いで、カーブをぐいーんって回ってきて、『乱暴な運転いるな』と後ろ見たら、人が立ってた」と話した。

危険な状況は、さらに続いた。

後ろを走っていた人「信号待ちの時にしゃがんでいたのに、青になった瞬間立ち上がって、手であおるような行為していたとき、『絶対落ちるだろ』みたいな、靴はサンダルだったし。荷台の上に立ってるんじゃなくて、縁に立ってる状態だった。危険だし、見た感じ若い子だったので、落ちたら助けるしかないという気持ちで走っていた」

この危険な運転について、道路交通法にくわしい高山法律事務所の高山俊吉弁護士は、「貨物を見守るために、必要な最小限度の人員以上を荷台に乗車させて運転したら、処罰の対象になる」と指摘する。

また、警察署長の許可がある場合は荷台に乗ることが可能だが、警察によると、今回の軽トラックに許可は出していないという。

高山法律事務所・高山俊吉弁護士「(ドライバーが)安全運転義務違反が問われると、3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金。後ろに乗ってる4人も、2万円以下の罰金または過料」

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

おすすめ記事

-トラック事故